« 東京にダメ出し! | トップページ | アバウトでいこう »

2004/03/11

黄砂に吹かれて

 空が黄色く感じたのは黄砂のせいだったのカナ(??; 昔、飼い猫が黄砂で色付けされたどんよりとした曇り空を小窓から見上げて「ウ゛~」と唸ったコトを思い出した。
 黄砂で霞んだ空の色、猫の目にはいったい何色に映るんだろう…
『たとえば昔…私、不思議に思っていたんですけど。外人さんの青い目や、とび色の目は私たちみたいな黒い目と本当に同じものが同じように見えているのかしらって…瞳の色が違うのならなにか…ほんのちょっと違って見えても変じゃないと思ってたんです。人間なんてみんな一人ひとり違って見えるからいいのよね…って…
 なにを見ているの? なにを考えているの? 猫の瞳に映る世界は、どんな色をしているかしら…?』<みかん絵日記(1)>

|

« 東京にダメ出し! | トップページ | アバウトでいこう »

コメント

 猫とは直接関係ないけど、絵を見に行ったりすると、静物や、風景、人物などがすごい色で描かれてたりするでしょ。それを見て、「この絵を描いた人にはこんな風(色)に見えるんだ」と怖くなることがある。
 実際にそんな色に見える訳じゃないんだろうけど、その人にとって描かれている物の存在が、グレーがかってたり、ブルーがかってたり、すごい色だったりするんだろうか。もしくはその人の心がそんな風にしか描けない状態なんだろうか…と。
 絵によって自己表現をしたことがないので憶測でしかないけれど、絵にはその時の気持ちがいっぱい詰まっているけど、ポスターのように、はっきりとした訴えでばかりではないでしょ。訴えたい気持ちは感じるのに、はっきりわからないから余計に怖いのかもしれない。

 全然、日記と関係ない話になりました。ごめんなさい。

投稿: mucha | 2004/03/12 12:16

 私も勝手な独り言で応戦させて戴くと…(笑)
 TVの深夜放送で、女流写真家が女性のヌード撮影をするコーナーがあるのね。ケド、その女流写真家イチオシのBestShotを観ても「ヘタクソ!」としか思えないンよ。
 それより、その撮影風景を追ってるTVカメラマン(たぶん男性)が、被写体になってる女性を撮った映像の方がグッとくる(ソソる)ンだぁ~。
 妹が、お兄ちゃんのエロ雑誌を発見して「キャッ! フケツ!!」って発言をするラジオCMがあったケド、女性と男性でも、きっととらえ方が違うンダろ~ね。
 同じ人物でも、元気な時は平気なのに、失恋した時は「中島みゆき」の歌に涙してしまう…
 発信する側のその時の心の状態、受け取る側のその時の心の状態で、なにもかも違って感じられたりピッタリ一致したりスルのカモ。

投稿: kirio | 2004/03/12 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357454

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂に吹かれて:

« 東京にダメ出し! | トップページ | アバウトでいこう »