« デジカメで上手に撮る | トップページ | 残酷! 女のケンカ »

2004/05/13

効く! 発情催淫カクテル

 アメリカ製の「エクスタシー」と、日本国内で"合法ドラッグ"として市販されている「ナチュラルエクスタシー」の成分の違いは「麻黄」の有無だけだ。麻黄は漢方ではぜんそくの薬とされているが、エフェドリンを含んでいる。
 このエフェドリン、官能中枢を刺激することでも知られている。つまり、日本国内で薬事法の網から逃がれて売るため麻黄を除かれ"骨抜き"にされたナチュラルエクスタシーを市販の大衆薬を利用して元に戻す、というのが、このカクテルドラッグの考え方なのだ。
「麻黄がトリップ作用を起こし、皮膚感覚がより敏感に変化し、女のコは全身性感帯になる」(大学生21)という。
 有効成分である麻黄は製薬メーカーによって含まれている量が異なり(葛根湯は大正製薬ほか数社が市販)四㍉㌘も入っているものもあるという。平均的にはニ~三㍉㌘だそうな。
「ダイナマイト」の作り方は、まず、ナチュラルエクスタシー三~四錠のカプセルの粉末だけをグラスに取り出す。これに葛根湯一包を加え、さらにジンを適量注いでマドラーでよくかきまぜれば、催淫カクテルドラッグのできあがり。
 前出の大学生によれば「粒子がザラザラして少々気になるけど、ジンの水割で飲ませれば、女のコでも一気にいける」味だそうな。
「興奮作用が強くて一回では終わらない。男の方は出してもすぐ回復してくるし、女のコも、ねえもう一回と、おねだりつきになります(笑)」
 この催淫カクテルドラッグ、麻黄が含まれていれば葛根湯以外でもいいわけで、山之内製薬の「カコナール」の方がいい、という声もある。
「ノックアウト」と呼ばれているカクテルドラッグもある。
 鼻炎薬として知られている佐藤製薬の「ストナリニ錠」をウィスキーに溶かして飲むものだ。ストナリニ錠にはダチュラ・アルカロイドが含まれているのだが、これはチョウセンアサガオに含まれている向精神物質。アルコールとの併飲で、その効果が増幅する。ただし、ストナリニ錠は一度に三~四錠飲んだだけで足元がフラフラする。飲みすぎると吐き気がしたり、気分が悪くなったりするので一度に使うのは二錠を厳守。
 このカクテルドラッグ、お酒の弱い女のコに飲ませると、意識が薄れるほど、効き目は強い。下手に使ってやっちゃうと、レイプで訴えられる恐れがある?
「昔はその手のものはそっと飲ませて…といったものでしたが、今は逆にそれが口説き文句になるんです。気持ちよくなれるクスリあるんだぜ、と一言いえば、二つ返事でついてくる女のコがうじゃうじゃいる(笑)」<話のチャンネル>

|

« デジカメで上手に撮る | トップページ | 残酷! 女のケンカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357501

この記事へのトラックバック一覧です: 効く! 発情催淫カクテル:

» 発情催淫カクテル [Tacchan's blog]
こういうものでもなるんですね。参考にします。 [続きを読む]

受信: 2004/05/15 12:08

« デジカメで上手に撮る | トップページ | 残酷! 女のケンカ »