« 有利な蓄財法 一括払い | トップページ | 効く! 発情催淫カクテル »

2004/05/12

デジカメで上手に撮る

「自分が撮影した愛猫の写真を誰かに見せても、つれない返事しか返ってこない」「猫は気まぐれだから、なかなかいい表情を見せてくれない」いったい自分の写真のどこが悪いのか。どうすれば猫は気持ちを開いてくれるのか…
 写真が上手くなるには,どうしても愛情が必要。被写体として愛する猫をガンガン撮影するのが一番です。
 こういう写真をうまく見せる技はいろいろありますが、なかでも1つ、知っているのと知らないのでは大違いの技を紹介しましょう。それは"しゃがむ"こと。
 猫はみな背が小さく、低い場所から世界を見ています。人間の目の高さから見下ろすように撮影すると、猫の頭と地面ばかりが写ります。
 ここで"しゃがむ"。彼らの表情が正面からイキイキと写るだけでなく、彼らが見ている風景も映しこめます。
 さらにもう1つ頑張るならば、アップとロングの両方を撮影してください。デジカメはズームが高機能なので、つい表情アップぱかり狙いがち。でも、ロングでも撮影して、そこがどこだかわかるようにして撮影するクセを付けてください。これで写真の"味わい"が一気に広がります。
 かんたんで効果的な技ですから、いちど試してみてください。

猫を撮るのはムズかしい?!猫を撮るのはムズかしい?!』 技術評論社
広路和夫/谷川比呂 著
ISBN:477411894X 1,554円(税込)

|

« 有利な蓄財法 一括払い | トップページ | 効く! 発情催淫カクテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357500

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメで上手に撮る:

« 有利な蓄財法 一括払い | トップページ | 効く! 発情催淫カクテル »