« 七夕 | トップページ | エロガン »

2004/07/08

焼酎の甲と乙

 焼酎は甲類と乙顆に分かれていますが、この2つはどう違うのでしょう(??;
 甲類は「連続式蒸留機」を使い、アルコールの純度が高くなったものを、加水調整で36度未満にしたものです。無色透明でくせのないさわやかな味が特徴で、酎ハイなどのようによく割って飲まれます。
 これに対して、乙類は1回しか蒸留をしていないもので、そのため原料に使われている芋や麦などの独特の風味が残っています。アルコール分は45度以下で、その多くは「本格焼酎」と呼ばれています。
「くせのない甲、風味の乙」と言えるでしょう。

|

« 七夕 | トップページ | エロガン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357540

この記事へのトラックバック一覧です: 焼酎の甲と乙:

« 七夕 | トップページ | エロガン »