« 病に克つ! 適応障害2 | トップページ | メルマガ2 »

2004/08/13

病に克つ! 適応障害3

 抑うつや不安が高じて、不登校や出社拒否、引きこもりに至ることがある適応障害。環境からくるストレスが原因だが、同じ環境でも適応障害を起こす人とそうでない人がいる。ストレスに弱く傷つきやすいタイプや、小さいときに親を亡くすなどして心理的な支えを十分に受けられなかったタイプが発症しやすいとされるが、過剰適応するタイプも適応障害を起こしやすい。
 過剰適応というのは、周囲から高い評価を得ようと無理しすぎる状態をいう。親や教師の期待に応えようと寝食を忘れて勉強する、上司に気に入られようと徹夜もいとわず残業する、友人に「いいやつだ」と思われたくて行きたくもないところに付き合ってしまう。こうした無理を重ねて本来の自分とかけ離れた状態が続くと心身が疲弊する。
 その結果、心身症,適応障害,神経症などを発症することになる。それ以上、過剰適応を続けると重症のうつ病や過労死に至るので、これらの病気が「ドクターストップ」をかけてくれたと考えることもできる。
 周囲の評価を気にせず、マイペースを守ればいいが、社会で生きていくためにはそうもいっていられない。要は程度問題だ。人も車と同じで、フルスピードで走ると危険で燃費も悪くなるが、適正速度なら安全で燃費もいい。日常生活でも、言いたいことを言える機会を持ち、仕事とプライベートを分けて本来の自分に戻れる時間を作るなどすれば、丈夫で長持ちする人生が送れる。

|

« 病に克つ! 適応障害2 | トップページ | メルマガ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357566

この記事へのトラックバック一覧です: 病に克つ! 適応障害3:

« 病に克つ! 適応障害2 | トップページ | メルマガ2 »