« ネットで合格祈願3 | トップページ | 5等(0226回ロト6) »

2005/02/17

風邪とインフルエンザ

 風邪をひいてしまった、という方もいらっしゃるかもしれませんね。空気の乾きやすいこの季節は、風邪やインフルエンザの流行る時期です。2つの違いを知って、日頃からの予防&適切な処置を心がけましょう。
 風邪とインフルエンザ。この2つはどういった違いがあるのでしょう。

・風邪
 正式には「風邪症候群」と呼ばれ、さまざまな症状を総称しています。いつのまにか発症し、徐々に進行するのが特徴です。
主な症状:くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、たん、咳など
:平熱か、あっても38度ぐらいまで

・インフルエンザ
 急に高熱が出て発病。症状が重く、高齢者や持病を抱えている人は肺炎などの合併症、乳幼児にいたっては脳炎や脳症などの合併症もあげられ、最悪の場合は死に至るケースも。現在はソ連型ウイルス、香港型ウイルス、B型ウイルスの3種類が流行。新型ウイルスの出現も警戒されています。
主な症状:急な悪寒を伴う高熱、頭痛・関節痛・筋肉痛など全身症状、下痢、腹痛、熱が下がったら鼻水、鼻づまり、たん、咳など
:38度以上の高熱

 風邪やインフルエンザから身を守るためには、「帰ったらうがいと手洗い(できれば洗顔も)をする」「バランスの良い食事と十分な休養をとる」「適切な湿度(60~70%程度)を保つ」「流行時は人混みを避ける」など、日常生活での心がけが大切。インフルエンザの場合は予防接種という方法も。
 軽めの風邪なら、睡眠と栄養を十分にとるのが一番です。適切な湿度の暖かい部屋で、たまご酒やしょうが湯などを飲んで安静に。
 また、インフルエンザ治療薬は48時間以内に服用することでパワーを発揮するので、インフルエンザかなと思ったら早めに受診しましょう。
 風邪とインフルエンザ。普段からの予防と早めの処置を心がけましょう。

 今年、流行しているインフルエンザはB型。私は、インフルエンザの治療薬名を"タフミル"と憶えていたが『タミフル』が正しいようだ(^^;ゞ

|

« ネットで合格祈願3 | トップページ | 5等(0226回ロト6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357696

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪とインフルエンザ:

« ネットで合格祈願3 | トップページ | 5等(0226回ロト6) »