« 汗ばむ季節 | トップページ | 病に克つ! パニック障害2 »

2005/04/20

病に克つ! パニック障害1

 何の前触れもなく、いきなり動悸(どうき)が激しくなり、息苦しさ、冷や汗、めまいが起こり、気がつくと手足がブルブル震え、このまま心臓発作か呼吸困難で死ぬかもしれないという恐怖に襲われる。症状は30分ほどでおさまり、病院で診てもらっても、検査で異常はみられない。パニック障害の典型的な症状(パニック発作)だ。
 パニック発作で生命を失うことはないが、いちど発作を起こすと、いつまた発作が起こるか分からないと恐れるようになる(予期不安)。発作によって大変な事態を招くのではないかと心配して、人込みを避けたり、電車やバス、エレベーターなどに乗れなくなったり、ひどくなると外出さえできずに引きこもったりする(これを総称して「広場恐怖」という)。パニック発作の最中の恐怖だけでなく、予期不安から広場恐怖を引き起こし、日常生活に支障が生じるのがパニック障害の特徴だ。
 パニック障害は以前、「不安神経症」や「心臓神経症」などと呼ばれていた。当時は、身体の疾患ではなく、心の持ち方で生じる病気と考えられていた。しかし、不安神経症のうち、特定の症状は薬物療法が効果をあげることから、1980年に米国で「パニック障害」という病名が付けられた。
 米国の調査によると、100人中3~4人が生涯のいずれかの時期にパニック障害を発症している。日本でも同様と推測され、けっして珍しい病気ではない。治療は薬物療法を基本に、行動療法などを組み合わせて行う。

|

« 汗ばむ季節 | トップページ | 病に克つ! パニック障害2 »

コメント

カテゴリーは異なるものの、私も同じ病気で4年になります。が、周りの友は「これで本業に集中できるね」と励ましてくれました。

投稿: yoppy | 2005/04/20 19:58

 yoppy さん、コメントありがとうございます(^^)/
 私は2年前に仕事中「過換気症候群(過呼吸)」を起こして救急車で搬送されたことがあります。初めてのことだったので自分でも驚きました。w(@@;w
 以後、仕事も解雇され未だに療養中です(--;
 絵画やアクセサリーを作製されるのが「本業」(?)ですか。素敵ですネ(*^^*)

投稿: kirio | 2005/04/21 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357740

この記事へのトラックバック一覧です: 病に克つ! パニック障害1:

« 汗ばむ季節 | トップページ | 病に克つ! パニック障害2 »