« 蝶 | トップページ | 自殺 白書 »

2005/04/14

目覚めよ! 組織の病みに

「仕事などは『指示する奴』さえしっかりしていれば『作業する奴』など誰でもいい。なまじ個性的で、言うことを聞かない『作業手』などは百害あって一利なし。強力な管理体制のもと、上意下達の仕組みさえ作れば万事うまくいく」という考えが横行する。
 その結果、上司と担当の間で交わされてきた対等で、闊達な議論が次第に影を潜め、両者の関係は管理者と被管理者のそれに変わっていった。今やそうした仕組みを通じて、個々の作業にまで、上層部から指示や注文が伝えられることがある。リストラを怖れ、肝心の現場がこれに毅然と異論を唱え、抗議することはない。
 CPUメーカのAMDは「仕事を割り振る部分の能力を上げれば処理は高速になる」との考えでプロセッサを設計した。一方Intelは「全体のスピードを上げれば処理は高速になる」との考えでプロセッサを設計した。どちらの考えに軍配が上がったかは、AMDがクロックアップに方針を変更したことでわかるだろう。
 高給取りの管理職ばかりを新規に雇用して、人件費を一定に保つため、担当はパートだけで構成しようとする組織がある。崩壊の日は近い。

|

« 蝶 | トップページ | 自殺 白書 »

コメント

プロジェクトの成功は、『できるメンバーと、できた上司』という格言(?)がある
組織も同じだと思う

投稿: Toshi | 2005/04/14 22:40

 そりゃ『できるメンバーと、できた上司』がベストなんだろ~ケド、管理職はプロジェクトごとの単価(時給)を均一にしたがるから「優秀なリーダには、ど~にもならないメンバー」を付けてリーダの負荷を高くするじゃん。あわれ「優秀なリーダ」は、うつ病で退職ぅ~(kekeke)
 それにしても最近の管理職って、仕事そっちのけで「金勘定」ばかりやってるよね~。ビジョンもなく、正社員はリストラしてパートを入れる。節約、節約、節約。経費削減の亡者! いや、餓鬼だ!
 それに今の時代『できた上司』なんて居ないっしょぉ~。自分の地位を危うくする『できるメンバー』が居ようもんなら、影で風評を流布し、全力で足を引っ張るようなヤツばかりだゼィ。まぁ、そんな輩の風説に踊らされてる管理職は、もっと阿呆なんだケドさ(hehehe)
 世の中には有名人を経営責任者にまつりあげて、世間や社員の目をごまかそうとしてる会社がある、って言ぅじゃなぁ~い。ケド、どっかの政党が議席確保のために使った手法と同ンなじってこと、お見通しですからぁ~。残念! (fefefe)
 体力バカの体育会系が会社で幅をきかせてる日本は、頭脳主義のインドとかに技術面でアッサリ抜き去られることでしょう。ナマンダブ。

投稿: kirio | 2005/04/14 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357736

この記事へのトラックバック一覧です: 目覚めよ! 組織の病みに:

« 蝶 | トップページ | 自殺 白書 »