« 初体験 株主総会 | トップページ | イカが好調だった? »

2005/05/27

4倍長持ち 早漏治療薬

 米国の製薬会社が早漏治療薬を開発した。性交渉の際、1回の服用で男性の射精を通常の3~4倍遅らせる効果がある。現在、認可を申請中で、早ければ2年ほどで販売が可能。日本での認可は難しいかもしれないが、個人輸入なら購入することができる。
 抗うつ薬に似た薬で、脳の中枢神経に作用することで射精時間をコントロールする。欧米では10年以上前から、日本でも6年前から、抗うつ薬が早漏治療に使われていたことから、その実効性は高いとみられる。ただ、勃起(ぼっき)しなくなる可能性もあるので注意が必要。
 男性の3割が悩んでいる早漏の原因は中枢神経が大きく関与。「習慣性」と「精神性」の2つからなる。「習慣性」は普段の自慰行為を手短に済ますことから定着。「精神性」はストレスを早く発散させたいとの思いが要因とされる。
【早漏の定義】
 米国では「ペニスを膣(ちつ)に挿入してから、15分以内に射精する」と定められている。また、同じパートナーと性交を重ねた際、持続時間に関係なく、先にオーガズム(絶頂感)に達した回数を比べ、女性より多いと早漏とみなすという考え方もある。

 勃起不全,早漏,短小などは雄(オス)として、性交渉時だけでなく日常生活や、仕事にまで自信を喪失させる影響を及ぼす。男性が考えるほど、女性はこれらのことを気にしていないものだが、AV男優や以前のパートナーと比較してしまう女性がいることも確かだ。ただ、男性の巨根願望は間違っており、女性は本能的に睾丸の大きなパートナーを選ぶ。

|

« 初体験 株主総会 | トップページ | イカが好調だった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/5357768

この記事へのトラックバック一覧です: 4倍長持ち 早漏治療薬:

« 初体験 株主総会 | トップページ | イカが好調だった? »