« トランプ | トップページ | 遭難寸前 紅葉狩り »

2005/11/04

『紅』を何と読みますか?
「べに」「くれない」「あか」の他、「もみ」とも読みます。
 紅色の染料は、エジプト原産で中国から伝わった紅花(サフラワー)です。黄色の紅花を何度も揉んで水に浸して黄色を洗い流し、鮮やかな紅を作ります。抽出される紅の量は約0.3%と少量で、江戸時代には同量の金と取引きされました。
 このように、揉んで染め出す紅色「もみ」が語源となり、露や時雨の冷たさに揉み出されるかのようにして葉が色付くことが「もみじ(紅葉)」となったのです。
 紅葉前線も南下して、紅の彩りの美しい季節ですね。

|

« トランプ | トップページ | 遭難寸前 紅葉狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/7109109

この記事へのトラックバック一覧です: :

« トランプ | トップページ | 遭難寸前 紅葉狩り »