« ふみの日 | トップページ | 風水で仕事運アップ »

2006/01/24

光陰矢のごとし

「矢」や「川」に例えられる大切なものは、なんでしょうか?
『光陰矢のごとし』と言いますが、「光」は日を、「陰」は月をあらわしています。
 つまり、矢のように過ぎ去っていく「月日」のことですね。
 過ぎ去っていく月日は、流れる「川」<方丈記>や「旅人」<奥の細道>にも例えられています。
「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」と言います。
 一月も、もう下旬。毎日を大切に過ごしたいものですね。

|

« ふみの日 | トップページ | 風水で仕事運アップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/8473806

この記事へのトラックバック一覧です: 光陰矢のごとし:

« ふみの日 | トップページ | 風水で仕事運アップ »