« 第50回 Win5 | トップページ | EDの原因 2 »

2012/03/27

EDの原因 1

 バイアグラなどの治療薬のおかげで、多くの人が ED(勃起不全)から解放されるようになった。しかし、何らかの病気が EDの原因になっていることがある。ED治療薬に頼っていると、病気を見過ごすことになりかねない。
 たとえば糖尿病だ。糖尿病は EDの原疾患としては最も頻度が高く、糖尿病患者の 30~60%が中等症ないし重症の EDを併発していると報告されている。
 勃起のメカニズムはこうだ。ペニスへの性的刺激が知覚神経を通って脳や脊髄に伝わり、大脳での性的興奮と合わせて副交感神経を刺激する。副交感神経はペニスの血管に働きかけてペニスに流れ込む血液を増やし、流出する血液を減らすため、ペニス内の海綿体が血液で満たされて勃起する。さらに性的刺激が加わると脊髄の射精中枢が反応して、交感神経の働きを介して射精する。
 ところが糖尿病になると、これらの血管や神経がダメージを受けて反応が鈍くなる。とくに交感神経と副交感神経は糖尿病の影響を受けやすい。
 糖尿病を放置すれば、いずれ全身の血管や神経がダメージを受けるが、勃起や射精に関わる神経や血管はデリケートなので、早い段階で症状が表れるのだ。糖尿病のほかにも、高脂血症、高血圧症などでも EDを引き起こすことが知られている。
 EDは隠れた病気のサインのこともあるので、EDの症状が表れたら、人間ドックなど全身の検査を受けると良い。

|

« 第50回 Win5 | トップページ | EDの原因 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11205/54347991

この記事へのトラックバック一覧です: EDの原因 1:

« 第50回 Win5 | トップページ | EDの原因 2 »